以下は、一般的なコンサルティング・メニューの一例です。法人毎のニーズ・状況に合わせてメニューを組み合わせたカスタム・コンサルティングが可能です。
 

PLAN 
~運用計画策定・管理体制構築に関わる支援~

1.調査・分析コンサルティング ~現状調査・分析~

現状の資金運用管理が、経営(法人が向かおうとする方向)に適合しているか調査・分析を行う。

導入:
この領域における法人毎のコンサルティング目標の設定と調査・分析メニューの設定。現状調査・分析に必要なデータ・資料の提供・収集について相談。また、関係キーパーソンへのインタビュー、ヒヤリングを実施する。

①法人資金・キャッシュフロー分析
資金目的、経営(法人が向かおうとする方向)について、現在から将来にわたる資金需要の推計をキャッシュフローとして数値にブレークダウンする。

②現状の運用内容のリスク/リターン分析
現状の資金運用内容が、①の資金需要予測を満たすことが出来るか、その整合性を分析する。

③運用管理ガバナンス体制分析
現状の運用規程、人的要素を含む体制が、①の資金需要予測と②の資金運用内容と整合するかを分析する。

ゴール:調査・分析結果の報告と改善の提言

 
 

2.導入(運用準備)コンサルティング ~運用計画策定・管理体制構築~

資金運用管理を、経営(法人が向かおうとする方向)により適合させるための運用計画と管理体制の改善を図る。

導入:
この領域における法人毎のコンサルティング目標の設定とメニューの設定。関係キーパーソンとのミーティングを実施する。

①運用プラン(政策ポートフォリオ)の策定
資金目的、経営(法人が向かおうとする方向)について、現在から将来にわたる資金需要キャッシュフロー目標と整合を図る運用計画を策定する。

② 運用規程および運用基本方針書(ポリシー・ステートメント)の策定
運用計画とその意思決定、継続的な評価プロセスの基準を書面に記す。

③ 運用管理体制の整備
運用計画→執行→報告・評価・監督の役割分担の明確化、制度化を図る。

④ 運用管理およびガバナンス研修(運用担当、理事(会)、監査担当向け等)
①②③の資金運用管理の運営に必要な心構えや実務ノウハウの研修機会を提供する。

ゴール:運用プランおよび新管理体制についての最高意思決定者(機関)への報告・実施提案

成果物:運用プラン(政策ポートフォリオ)、運用規程、運用基本方針書(ポリシー・ステートメント)等

 
 

DO~SEE~PLAN~ 
~運用の継続管理に関わる支援~

3.運用管理実行及び継続管理コンサルティング

運用の計画、意思決定、評価プロセスの実践を、中立的な立場から継続的に支援する。

① 運用機関・運用対象の選定にかかる支援
運用機関、運用対象の選定について支援を行う。

② 運用モニターにかかる支援
実行された運用経過のモニターについて支援を行う。その他、事業資金捻出や政策ポートフォリオのリバランスの対応について支援を行う。

③ 運用管報告・評価にかかる支援
スムーズな運用報告と評価が行なえるよう支援する。

④ 運用プラン(政策ポートフォリオ)や運用基本方針書(ポリシー・ステートメント)の評価・再検討にかかる支援
経営(法人が向かおうとする方向)や資金需要の変化、その他の変更に伴い、運用プランと運用基本方針書の評価、見直しについて支援する。

⑤ 資金運用管理プロセス運営に対する継続的な支援
上記①②③④の運用の継続管理プロセス(PLAN~DO~SEEプロセスの繰り返し)の運営を支援する。