コラム

column

2018.12.30

法人資産の運用を考える(3) 現在の法人事業、将来の法人事業についての考察

ショート連載コラム公益法人協会梅本 洋一

運用収益と運用元本とを比べた場合、どちらが法人にとって、より重要だろうか? 答えは、両方とも同等に重要である。なぜなら、①運用収益(利子・配当収益)= 現在の事業支出(現在の法人の存在意義)をサポートするものであり、②運用元本 = 将来にわたる事業支出(将来にわたる法人の存在意義)の基礎となるものだからである。だからそもそも(本来的には)、目先の運用収益を追及するあまり、長期的にみて運用元本の質が怪しくなり得る投資対象に法人資産を晒してはいけない。また逆に、運用元本の安全性に固執するあまり、健全なかたちでの運用収益の獲得さえも放棄してはいけない(一見、安全第一のようにみえる運用手法も、時間の経過と共に、元本の取り崩しによる事業の維持に追い込まれ、結果、法人の将来を危うくするリスクを抱えることになる)。


結局のところ、ある時点における、法人とその事業を将来にわたって支える原資は、利子・配当収益と運用元本(時価)との総和であるという事実からは逃れることはできないのである。すなわち、現在から将来にわたって、この総和を各法人が可能な範囲でなるべく大きくするように努めることが法人資産の管理者としての責務であるという、たった一つの真実に向き合わざるを得ないのである。


拙著『新しい公益法人・一般法人の資産運用』での資産資産運用アンケートの分析結果では、このような利子・配当収益と運用元本(時価)との総和の縮小均衡が引き起こした、法人管理費カット ⇒ 事業規模縮小 ⇒ 法人資産取り崩し支出などの“負のスパイラル現象”を既に経験している法人や、将来そのような事態が起こると身構えている法人がかなりの割合で存在していることが判明している。


法人資産の運用目標とは、現在の法人の事業と将来の法人の事業とをバランスさせることである。言い換えれば、現在から将来にわたる運用収益(利子・配当収益)と将来の運用元本(時価)との総和が縮小均衡に陥らないよう、各法人が可能な範囲でなるべく大きくするようにバランスさせることである。もっと言えば、運用収益(利子・配当収益)は事業年度ごとに安定確保すべき短期的な目標であるが、運用元本(時価)については長期的かつ資産全体的な目標でも構わないということである(運用元本(時価)を長期的かつ資産全体的な目標と捉える方が、無理が無く、我々の常識に照らしても健全と言える。一方、運用元本を短期目標であるかのように曲解し、一定の条件が揃えば、額面で償還されるにすぎない債券運用に固執すると、かえって無理をすることになる)。


このような運用目標が元来から定まっている以上、あと考えることは、目標に対する手段をどうするかの問題に過ぎないのである。すなわち、金利・為替・株価などが気まぐれに変化を続けたとしても、万が一、超低金利が継続しても、急激な超円高が起こっても、株式市場の大暴落が起こっても、短期的にも長期的にも法人運営に支障をきたす可能性が


最も低いと考えられる資産運用の考え方とは何か? また、具体的な運用手段・スキームとはどのようなものか? これらが、法人資産の管理者として、今後問い続けていかなくてはいけない命題なのである。

ARCHIVES

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

お問い合わせ

CONTACT

ご記入内容をご確認の上、「送信する」ボタンを押してください

御法人名(必須)

御担当者様(必須)

郵便番号

住所

電話

FAX

メールアドレス(必須)

メールアドレス(※再度入力)(必須)

お問い合わせ内容(必須)