コラム一覧

column

1.“不適切な資産運用” おさらい   前回は、学校法人の金融資産(基金)を台無しにしてしまう運用、 あるいは当初はそう思っていなくても、時間の経過、時代の変遷と共に“適切ではなくなってゆく”運用事例と、 それらに共通す […]

近年、金融庁の指導の下、銀行、証券などの金融界では、 フィデュシャリー・デューティー(FD fiduciary duty 受託者責任) という言葉が、一躍クローズアップされるようになった。 金融界でいえばFDとは「顧客本 […]

1.貴重な独自財源とその役割 おさらい   前回は、新型コロナウィルス禍は、以降もずっと学校法人が置かれ続けるであろう経営課題を再認識する機会となったこと、 また、その課題解決の為の数少ない選択肢の一つとして、『適切な資 […]

公益法人が資産運用を行うとき、他法人の資産運用の方法が気になり、様々な法人がどのように資産運用しているのか調べることもあるでしょう。  有名な年金基金やアメリカの大学の資産運用の資産配分比率をご覧になった方も多いでしょう […]

財団における公益目的事業の財源について調べると、おおよそ35%の財団において、財源が母体企業の株式より発生する配当に頼っていることがわかります。  母体企業の株式寄贈により創設された経緯を持つ財団にとって、母体企業の株式 […]

やってみないと最終的に判らない、 価値が消滅あるいは、 大きく減価したまま回復しないリスクを伴う資産は、 「核とならない資産」として、拙著『新しい公益法人・一般法人の資産運用』において列挙、詳しく解説している。 &nbs […]

  やってみないと最終的に判らない、価値が消滅あるいは、大きく減価したまま回復しないリスクを伴う資産は、「核とならない資産」 として、拙著『新しい公益法人・一般法人の資産運用』において列挙、詳しく解説している。 […]

 学校法人にも企業のコーポレートガバナンスのような「学校を統治する考え」が必要であると文科省は推進しており、現在、学校法人のガバナンスコード等が作成されています。   そもそもコーポレートガバナンスとは、不正を防ぎ、健全 […]

ARCHIVES

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

お問い合わせ

CONTACT

ご記入内容をご確認の上、「送信する」ボタンを押してください

御法人名(必須)

御担当者様(必須)

郵便番号

住所

電話

FAX

メールアドレス(必須)

メールアドレス(※再度入力)(必須)

お問い合わせ内容(必須)