コラム一覧

column

学校法人にとって、如何に資産運用ガバナンス体制をとり、プロセスを踏まえていくかを模索するとき、何かの指針が欲しいと感じられる組織も多いでしょう。 10年国債の金利が0.04%である現状(2021年1月時点)においては、学 […]

個人資産の運用など、自分の為にお金を運用する場合には受託者責任は問われない。 しかしながら、他人の為にお金を運用管理している場合は全く異なる。 これまでの我流・自己流の資産運用や管理体制で上手くいかない時、 また将来上手 […]

少子化が到来していることは周知の事実ですが、 米国のIHMEという研究機関の分析によれば、 世界の人口は2064年にピークに達した後、2100年まで減少が続くと予測、 日本の人口は2100年には半分になると予想されていま […]

学校や財団法人などが負っている責任・使命とは、教育・研究活動の機会を提供し続けるという責任であり、 公益法人においてはそれぞれの慈善サーピスを世の中、その受益者に対して提供し続けるという使命である。 それぞれの受益者への […]

学校や財団法人などが負っている責任・使命とは、教育・研究活動の機会を提供し続けるという責任であり、 公益法人においてはそれぞれの慈善サーピスを世の中、その受益者に対して提供し続けるという使命である。 それぞれの受益者への […]

1.“適切な資産運用” おさらい  前回は、X法人の運用事例を紹介した。 学校法人における“適切な資産運用”とは、運用収益フローのボリュームを安定させ、かつ、金融資産(基金)の厚みを持たせる、膨らませてゆくことで、学校法 […]

◆おさらい 学校法人資産の運用を考える(12)私学経営を発展させる①~③において、借入を取り入れ自己資金を温存する大切さについての論考を上げましたが、今一度、まずは、その内容をおさらいします。 今後の少子化等を勘案すると […]

1.“不適切な資産運用” おさらい   前回は、学校法人の金融資産(基金)を台無しにしてしまう運用、 あるいは当初はそう思っていなくても、時間の経過、時代の変遷と共に“適切ではなくなってゆく”運用事例と、 それらに共通す […]

ARCHIVES

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

お問い合わせ

CONTACT

ご記入内容をご確認の上、「送信する」ボタンを押してください

御法人名(必須)

御担当者様(必須)

郵便番号

住所

電話

FAX

メールアドレス(必須)

メールアドレス(※再度入力)(必須)

お問い合わせ内容(必須)