リーマンショック時の二の轍を踏まない為に

COLUMN

◆本連載コラムの最終回を迎えるにあたって 前回コラムは、どんな逆境でもブレない投資方針、強固な投資方針の源泉についてお話しした。その前提とは、①資産運用においては、何が起こるかは絶対にわからないということ、、②自分だけは […]

◆どんな逆境に遭遇しても、ブレない投資方針、強固な投資方針はどこから来る? 前回コラムは、更にもう一段の価格下落に耐えられるかというテーマでお話しした。今般の価格下落(株安、円高など)への対応と備えについては、事例でご紹 […]

◆更にもう一段の価格下落に耐えられるか? 前回コラムは、伝統的な債券運用が行き詰まる中、公益法人の資産運用を保守的に保つにはどうすれば良いか? ということについて議論した。足元の異常低金利だけではなく、本邦財政問題を引き […]

◆債券と公益法人の資産運用 前回コラムは、日本国債等とETF(上場投資信託)などを組み合わせたポートフォリオのオペレーション、リスク管理をどう行っているのか? ということであった。概ねの資産配分比率を定めたシンプルなリス […]

◆ 明示的な資産配分比率を活用したリスク管理とオペレーション さて、前回コラムでは外債、不動産(REIT)、内外株式で運用しながら安定収益(国債等の債券利息の補完)と最終的な元本保全と達成する為の考え方がテーマであった。 […]

◆ 株式、不動産(REIT)、外債運用による安定収益確保と元本保全の考え方 さて、前回コラムでは円建て債券運用における安定収益確保と元本保全の考え方についてのお話を紹介した。引き続き、財団法人Aの事例を紹介してゆきたい。 […]

◆財団の資産運用の核となる円建て債券運用の考え方 リーマンショック時の資産運用失敗の教訓を生かし、運用収入や元本回収の不確実性の芽をどのように摘むか? どのようなポートフォリオを構築すれば金融危機にも耐え、克服できる可能 […]

◆すっかり景色が変わってしまった運用環境 前回の「公益法人実務担当者の為の資産運用入門」は、『公益法人』2011年4月号~2012年6月にわたり掲載させていただいた。当時は、丁度リーマンショック後に発生した東日本大震災、 […]

ARCHIVES

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

お問い合わせ

CONTACT

ご記入内容をご確認の上、「送信する」ボタンを押してください

御法人名(必須)

御担当者様(必須)

郵便番号

住所

電話

FAX

メールアドレス(必須)

メールアドレス(※再度入力)(必須)

お問い合わせ内容(必須)