梅本 洋一

COLUMN

米国経済学者ウィリアム・シャープ博士が1964年に提唱した CAPM(Capital Asset Pricing Model 資本資産評価モデル)という 学術的アイデア、仮説、モデルの行き着く結論は、 驚くべき、だが不可 […]

2022年3月初旬の今、 ロシアのウクライナ侵略 ⇒ 世界の政治、経済・企業活動への影響懸念から、 世界の株式、REIT、債券金利、為替、商品価格が大きく動き始めている。 2年前のコロナショックから現在のロシア・ウクライ […]

将来は何人にも判らないという大前提の元、 法人や基金の資産運用はリターンを求めつつ同時に リスクを低減していかなくてはいけないという 意思決定から逃れることはできない。   1952年、米国のハリー・マーコビッ […]

将来は何人にも判らないという大前提の元、 法人や基金の資産運用はリターンを求めつつ 同時にリスクを低減していかなくてはいけない という意思決定から逃れることはできない。 1952年、米国のハリー・マーコビッツ博士は 「正 […]

当たり前であるが、我々人間の誰一人として、 将来のことを言い当て続けることはできない。 したがって、将来の価値保全や利子配当収入などの 安定獲得を目指す法人の資産運用においても、条件は全く同じである。 厳密に言えば、どん […]

前回は、真に、法人の運用管理の持続性を追求するのであれば、 今の運用担当者・責任者の任期のあとを担う人材の確保、育成こそは、 未来永劫に公益事業を継続しようとする法人の資産運用にとって、 実は最も重要な課題の一つで有るこ […]

【★弊社13周年に想う】 明日11月13日は、弊社、インディペンデント・フィデュシャリ―の創業13周年記念日です。 お陰様で14年目に突入します。 弊社は創業以来、学校法人、公益法人など非営利法人基金様にとっての 「持続 […]

法人の役員(理事、評議員)は交代を繰り返す。 それも数年ごとにドンドン替わってゆく。 10年もたてば、少なくとも2回転~3回転は、理事長、専務理事、常務理事らが総とっ替えになる。 前回は、資産運用について「初心者マーク」 […]

ARCHIVES

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

2006年

2005年

お問い合わせ

CONTACT

ご記入内容をご確認の上、「送信する」ボタンを押してください

御法人名(必須)

御担当者様(必須)

郵便番号

住所

電話

FAX

メールアドレス(必須)

メールアドレス(※再度入力)(必須)

お問い合わせ内容(必須)